牡蠣のタイムと青唐辛子の香りのオイル漬け。たたみいわしを添えて


牡蠣は滋陰(身体の中に潤いを与えます)、補血(血を補う)働きがあり、

いわし(たたみいわし)にも補血と、補気効果があるので、身体の疲れをとる

コンビネーションの薬膳料理です。大根おろしと、赤い粉は山査子。

どちらも消食=消化を助ける効果がありますので、お腹にも優しい一品です。


作り方はとても簡単。

牡蠣は塩水でよく汚れをとってください。

オリーブオイルで表面が少しカリっとするくらい焼きます。

たたみいわしも、こんがり色づく程度に

炙ります。






香りのよいエクストラバージンの

オリーブオイルに、フレッシュタイムと青唐辛子の小口切りをあわせ、牡蠣をつけるだけ。漬けて2-3時間後からいただけます。

素材が大切なメニューなので、

オリーブオイルはエクストラバージンの香りのよいもの、タイム、青唐辛子は必ずフレッシュで。




保存瓶に漬けておけば、冷蔵庫で1週間は大丈夫。

前菜の一品にも、フランスパンにのせて

オードブルにも。

牡蠣を食べ終わったオイルは、いい味になっていますので、パスタ、グリルなどに

使い切ってくださいね。