赤いお茶



薬膳茶は、いわゆるお茶の葉(カメリアシネンシス)だけではなく

食材や、生薬をお茶にすることもあります。

今日のお茶は、「赤いお茶」

なつめ、枸杞、山査子、まいかいか。

なつめは、補血=血を補い、補気=元気をつける、安神=精神を落ち着ける

枸杞は、身体の陰陽バランスを整え、明目=目の疲れをとったり、

山査子は、消食=消化を助ける

まいかいかは、バラの仲間。理気=気を流し、ストレスを発散します。

見た目にもきれいで、気持ちがおだやか、元気になる「赤いお茶」

おすすめです。