いわしのつみれ 潮汁仕立て



施膳方針:滋補肝腎


貝の殻は「肝」の気を鎮めてくれる働きがありますので、

春に摂りたい食材です。

あさり、はまぐり、しじみ・・・「肝」の気を鎮めるという点からは、

貝はむき身ではなくて、貝殻のまま、そのスープに貝殻の成分が入ったスープをいただきましょう。

あわせて、「免疫力」をあげる食材の一つ、いわしをとってウイルス対策をしましょう。

よもぎの生麩と、木の芽を添えて、春の訪れ。

春のいわしは、油がのってとてもおいしいですよね。

目が青くきらきらしているものを選びましょう。

新鮮ないわしをおろして、叩いて味噌、生姜をまぜて、擂鉢でゴリゴリ・・・。

おいしいつみれの出来上がりです。

冬はお味噌仕立てにしてもよいですが、ハマグリのおいしいこの季節は

潮汁仕立てに。

いわしは、温性。健脾・補気・健脳・補血・安神・明目・活血・強筋骨。

簡単に説明すると、気血を補い元気にし、お腹の調子を整え、精神不安もおさめます。

さらには、老化防止にも。まさに元気の万能選手。

積極的に摂りたい食材です。

つみれにしたら、カラっと上げていわし団子にしてもいいし、つみれを丸くしないで

そぼろにして丼にしてもおいしいですよ。

つみれ、思ったより簡単なのでぜひ作ってくださいね

■作り方

1. いわしを叩いて、味噌、生姜を入れ擂鉢でなめらかになるまで練る

2. ハマグリと水(昆布もいれるとよい)をいれ、

  弱火~中火でハマグリの出汁がでるまで火をいれる

3. 2に、酒、塩をいれ、味をととのえる(塩分は好みで調整してください)

4. 練ったいわしを団子にして、鍋にいれ火が通るまで煮る(中火)

5. よもぎの生麩を入れる

6. 仕上げに木の芽を添えてできあがり

■食材

いわし 

ハマグリ 

昆布 

酒 

塩 

生麩 

味噌 

生姜

木の芽