「食べて、笑う。おいしい」の意味


「食べて、笑う。おいしい」は、笑顔で生きるための哲学である


「食べる」

「笑う」

「おいしい」が、


きれいにトライアングルになったとき、

人は幸せなんじゃないかな。


きれいにトライアングルにできるとき、

人はココロも身体も健やかなんじゃないかな。


それぞれは、とてもシンプルなこと。

生きるために食べるし、お腹が空くから食べるし、大切な人との時間でもあるから食べる


楽しいことがあったら、笑うし、うれしいこと、おかしなことがあっても笑うし、

ほほえましい光景をみても微笑む(=笑う)


目で見て、鼻で嗅いで、舌で食べておいしい。


食べて、おいしいは、身体が健やかで、おいしいものがあればできるけど

食べて、笑うは、ココロも健やかでないと叶わない。


「食べて、笑う。おいしい」は、

ココロも身体も健やかな人のバロメーター。